平成31年1月 あけましておめでとうございます。

 皆さまには、ご家族おそろいで、お健やかに初春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。

 今年は、新天皇即位に伴い、新しい元号の時代がはじまります。
元号は、中国が発祥で、吉兆となる漢字の組み合わせによって年を表すようになったことに始まり、日本も中国文化を取り入れたものから始まりました。

 初めての元号は、飛鳥時代の「大化」から始まり、我が国の歴史を脈々とつないできました。
現在の元号「平成」は、「内平らかに、天と成る」との願いが込められています。この願いを新たな時代へとつなぎ、穏やかで心豊かに、さらなる発展の時代となることを心より願い、新たな元号を迎えたいと思います。
昨年は、世界農業遺産の認定という世界からの大きな評価をいただきました。先人たちの知恵と努力によって育まれた大崎耕土を「生きた遺産」として、次世代の子どもたちに継承していきます。

 世界農業遺産の認定をあらためてのスタートと考え、農産物のブランド化や6次産業化、観光のさらなる振興に向け、東北地方で初の認定となりました本市が東北地方をけん引していく都市として、新たな高みを目指し、果敢に挑戦をしていきます。
世界から評価された本市の宝に磨きをかけ、交流人口の拡大とともに、産業のさらなる発展に取り組んでいきます。

 また、本市の図書館「来楽里ホール」は来館者が50万人を超え、多くの皆さまに愛される図書館となりました。今後も学びと交流の拠点として推進していきます。
中心市街地復興まちづくり計画では、東北地方における広域交通の要衝で、県北部の発展をけん引する本市の中核として、中心市街地の整備を位置づけています。
中心市街地の将来像は、広域防災拠点、緒絶川周辺の環境形成、七日町周辺の地区形成といった「新たな拠点づくり」およびこれらの拠点をつなぐ「回遊路づくり」を展開し、その整備に努めていきます。

事務所兼自宅    〒989-6253  大崎市古川馬放字街道南北30
電話・FAX  0229−28−2543