平成19年8月 天地人が大河ドラマに!
 昨年市民Kさんから「天・地・人」を文字彫刻した手作りの木札を寄贈いただき、市長机に置き、執務の心構えにしておりました。この度、そのKさんから著書「天地人」上下巻をいただきました。人々が“利”によって動いた戦国乱世に“義”を貫き、“愛”を掲げた上杉家の家老傑物直江兼続の生涯を描いた超大作であり、2009年のNHK大河ドラマ原作に決定しております。
「天・地・人」は、孟子の言葉で、古来より事を成就するのに必要なことは「天の時」「地の利」「人の和」であるとの教えであり、さらに孟子は「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず。」と言っております。つまり「天のもたらす幸運は地勢の有利には及ばない。地勢の有利さは人心の一致には及ばない」ということであります。人の心を一つにまとめる事が百事を成す要なのであります。
 大崎市は今、合併とデスティネーションキャンペーンという千載一遇の天の時を得ており、地域資源、観光資源、交通の要衝など抜きんでた地の利にも恵まれてもおります。そして、残るは人の和をどう結集するかがまちづくり成功の鍵となるのでありましょう。
 私は今、大崎市民の「人の和」に確かな手応えを実感しております。108号鳴子崩落事故や、鬼首スキー場土砂災害への市民ボランティア支援を通した協働のまちづくりが実践されました。又、この度31ヶ所で実施した総合計画と行財政改革の進め方に関する懇談会で、市民からの積極的な提言と激励の数々であります。動き出した市民の自立と協働のパワーをエネルギーとして宝の都(くに)・大崎実現のために渾身の努力をしてまいります。
 夏まつりの季節を迎えました。夏本番の暑さが続きます。
 ご自愛の上快適にお過ごし下さい。
事務所兼自宅    〒989-6253  大崎市古川馬放字街道南北30
電話・FAX  0229−28−2543