平成19年2月 私は青年が好きだ!
新年を迎えたと思ったら、あっという間に正月が過ぎました。

 私も新年行事に積極的に出席し、新春の夢や希望を語り合いましたが、特に感動的だったのは、若い皆さんの生き生きした姿に触れたことでした。

 4日には、おおさきブランド戦略会議・新春講演会に、商業研究全国大会優良賞に輝いた鹿島台商業高校生徒による「まるごと大崎体験と名湯・鳴子温泉2日間」の発表があり、彼女たちの視点と感性に万雷の拍手が送られた。

 7日には、大崎市初の成人式が、8月に開催済みの鳴子地域を除く6地域で開催されました。私は、鹿島台・岩出山・古川会場に出席いたしました。多少やんちゃな声も上がっていたようですが、和やかな雰囲気の中で整然と式典が進められました。私は、青雲の大志で、歴史に挑戦してほしいと式辞を申し上げました。

 13日には、上野精養軒を会場に、旧古川市内4校関東同窓会新年の集いが250余名の参加で盛大に開催されました。その会場では吹奏楽コンクール県大会で金賞を受賞した古川工業高校吹奏楽部17名による新春コンサートが行われ、2度もアンコールが掛かる大反響でした。  みずみずしい青年の姿はおおさきの宝です。

 元東大総長の矢内原忠雄先生の名言「その国やその町の青年を見れば、その国やその町の将来が判る」のように、青年の姿は未来のバロメーターであります。

 私は明るく輝いている青年達に接し、新生大崎市の無限の可能性を感じました。
 標題は、有名な高村光太郎の詩です。
 私は青年が好きだ!
事務所兼自宅    〒989-6253  大崎市古川馬放字街道南北30
電話・FAX  0229−28−2543